リサラーソン・ベビーブック

1423745075390.jpg
完全に自分の好みで買った2冊。
カラーブックの方もナンバーブックの方も、日本人の感覚からすると子供向け?って感じですが
(動物の目も可愛いというより目つきが悪いし、色づかいも結構ダーク)
でも、見せてみると案外じーっと見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「片付けたくなる部屋づくり」

PhotoPhoto_2
実家にあった「片付けたくなる部屋づくり」という本。中を読んでみると・・・
この著書の方は広くないお家ですが、きれいに片付けていて、こだわりがたくさんあって、見習わなくてはいけないところがたくさん。
(物の使い方などは人それぞれなので私には向かないものももちろんありますが~)
その中で、これはすぐ私もやってみよう!と思ったのは、もらった写真や葉書などをノートにじゃんじゃん貼っていくというもの。
(年毎に思い出をすぐに振り返ることができる)
いつも行き場がなくて、でも捨てられなくて、ついつい引き出しに放り込んでしまって終わりになってしまっていたのでこれはいいかも!と思って早速帰りにノートを買って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムック本

13477709504400

付録がついてるムック、たーくさん出ているけれど
エコバッグはいっぱい持ってるし、買いだすとキリがなさそうなので買わないと決めてたのですが、リサ・ラーソンのがま口にひかれ北欧のムックを買いました。

そしてそのあと、イルビゾンテのバッグが大きくてしっかりしてそうで1泊旅行くらい行ける?と思って連続で買ってしまいました・・・。
でもこのバッグがこの値段で買えるなら安い~。なかなか使いやすそうです。でも安くて付録がほしいからってどんどん買わないようにしなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パリにゃん」

1347157832589213471578234641

本屋で見つけた本、「パリにゃん」という猫の本です。(写真は「パリにゃんⅡ」)
パリで飼われている猫たちがたくさん紹介されています。
可愛い猫も見られるし、それにパリのアパルトマンの素敵なインテリアも見られて、猫の写真集としても、インテリア本としても楽しめるという私にとっては2度美味しい本。
パリの石畳に転がってる猫たちも、パリの窓辺に座ってる猫も絵になります・・・。
この方、ブログもあるみたいだったので、これからのぞかせてもらおうかな。フランスの素敵な景色もたくさんでした。

13471577943810 (我が家の猫は「東京にゃん」・・・!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩合光昭さんの本

20122_003有名な動物写真家の方ですが、

岩合光昭さんという方の動物の写真が

大好きです。本屋さんで「この猫とか犬と

の写真いいなー」と思うと、たいてい岩合

さん。以前銀座の三越で展覧会をやって

いた時もたくさんの人でした。

特に猫の写真が多く、大好きなのがひしひし伝わってきます。

文章もなんだか温かくて・・・。駅ビルの本屋さんで猫に関する書物や写真のコーナー

があって色々見ていたのですが、やっぱり岩合さんの本を買ってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Newsweek

2011_03240006父がNewsweekを定期購読していて、

実家にいた頃は、長い通勤時間くまなく

根気よく読んでいたけれど、

今は実家に帰ったときに面白そうな号だ

けピックアップして持って帰ってます。

なので私が読む時にはちょっと時差が。

今回、2冊の原子力の記事はじっくり読んでしまいました。

2/23号と3/16号。どちらも日本で地震が起こる前に発売されたもの。

右の原子力の特集には、どこの国も「脱石油」「CO2削減」が課題で、

原子力の発電にも前向きに進んでいる、ということ

日本の技術は世界最高レベルであること、などが書いてありました。

左の号の小さな記事は、原子力発電大国のフランスが、

チリで原発建設を進めようとしていて走り出しているけれど

地震大国のチリでは不安があるという記事でした。

どちらも、日本で地震があった今、過去の記事だなあ・・・

もう一度立ち止まって、考え直している国がたくさんあるだろう、と思いました。

1日も早く、原子炉の問題が解決し、

作業員の方の健康と安全がどうか守られますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エバーフレッシュ

201010_137_2エバーフレッシュ(ネムノキの仲間)という

植物を買いました。

(ちょっと前のNHKの「美の壺」の観植物

集でも取り上げられてました。)

葉が垂れる植物でなく上に背の高くなる

物が欲しい~と思ってIDEEをのぞいたら

201010_142あったので~。オジギソウに似ていて、昼間

が開いてますが夜になると閉じます。

不思議~。(上の写真が朝、下が夜バージョン)

鉢のカバーは、これもIDEEにて。キズありで

SALEになっていたもの。微妙な色の感じが

気に入ってます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「山陰旅行 クラフト+食めぐり」

2009_11160007_2鳥取・島根。鳥取は民藝館があったり、

どちらも窯元が多くてとっても魅力的。

以前AllAboutの特集を見てたら

(コチラ→)とても楽しくて、鳥取

にこんなところがあったとは!とビックリ。

島根は父が生まれた所なので、

子供の頃に1度行きましたが、小泉八雲記念館くらいしか記憶がなく・・・。

(でも、その頃はおしゃれなお店とかカフェとかはなかっただろうなあ。)

何年か前、友達と出雲大社にお正月行ったけれど、お店は全部閉まってたし・・・。

鳥取(米子)も仕事で行ったけれどそんな色々お店があったとは知らなかった!

この本を見ているとかわいいお店、素敵なお店、窯元がたくさん載っていて

実際にはしばらく行かれなそうですが、擬似旅行気分でとても楽しめました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

買った雑誌

2009_08300060フラフラ本屋へ行ったところ、とても

ひかれる雑誌を2つ見つけて購入。

「男の隠れ家」は日本の歴史町の特集。

城下町とか港町とか宿場町とか。

知らない町もあったけれど、

行ったことのない町ばかり。

「昔ながらの街並みが残ってる場所がまだまだこんなにあるんだー。」と、

行きたくなってしまいました。もう1冊は、「散歩の達人」の『渋カフェ』。

こちらは大人向けのしぶいカフェがたくさん載っていて、

いつか機会があったときのための保存版!と思って買いました。

行ってみたいカフェや珈琲屋さんがまた増えてしまった・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「Discover Japan」vol.5

2009_07130035(えい)出版のムック『Discover Japan』の

この特集、「世界に誇る日本のリゾート、

名旅館&一流ホテルを大特集」だそう!!

すごい楽しそう♪と思って買ってみました。

旅行はほとんど行かれないけれど、

情報として・・・。どれも高くてキレイで夫と行く

感じではないけれど(夫は布団と部屋さえあればいい!というタイプだし、

釣り竿片手にロビーとか歩いてる図を想像しただけでオカシイ)

母とか友達と行かれたらいいなあー。

数組の貸切だったり、眺めがスバラシイきれいなお宿がたくさん載っていて、

どれも泊まってみたい!行ってみたい!と思ったけれど、

一番惹かれたのは表紙にある上高地帝国ホテル」。

こういう古くてクラシカルな物に弱いのですよー、私は。

| | コメント (2) | トラックバック (0)