映画「サニー 永遠の仲間たち」

13391426514351
久しぶりに「とってもいい映画だった!」と思える映画でした。「サニー 永遠の仲間たち」という映画。韓国の映画ですが、韓国でも口コミで大ヒットしたのだそう。
面白そう!と思って映画を観ても、たいてい想像以上ってことはあまりないけれど、これはすごーくよかった。
疲れてたのと、時間があまりなくて当日の朝まで観に行くか悩んでたけれど、見に行ってよかったー!と心から思えました。
30代でも40代でも50代でも60代でも、女性なら誰でも共感できる映画だと思う。涙もいっぱい出て映画館のトイレで自分の顔見て恥ずかしかったけれど、でもすごく爽やかな明るい気持ちになれる、また観たい!と思える映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「レンタネコ」

1337069036694013370768396313

「かもめ食堂」の監督の映画「レンタネコ」を観に行ってきました。(「めがね」は観ていないのですが、同じ監督です)猫好きだし!ということで。
心にぽっかりと穴の開いたさびしい人に猫をレンタルする・・・というお話、主人公はレンタル猫屋さん。もちろん、やっぱりゆるい空気の流れる映画でした~。
たくさんの猫が古い一軒家にたくさん!観ていたら、早く家に帰って自分の家の猫に会いたくなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ハーブ&ドロシー」

2011_05250094_2テレビや雑誌、人のブログなどで取り上げら

れていて、観たいと思いつつ見逃してしまった

ドキュメンタリー映画「ハーブ&ドロシー」。

キネカ大森でやっていると知り観てきました。

(上映映画は1週間ごと変わります。2本立て

1300円!!)生活費以外はぜんぶアート作品

費やしてきたNYに住む老夫婦の話です。買う作品は、自分たちが好きなもの、

自分たちのお金で買えるもの、1LDKの狭いアパートに置けるもの、

バスや電車で持って帰れるもの、そして絶対に売らない。

仕事帰りは毎日2人でアートを見て周っていたそう。

気がついたら4000点が狭いアパートに、無名だったアーティストたちは有名になり

すごいコレクションの数々に。

もっと作品が飾れるような広い家に引っ越したらいいのにー、と一瞬思ったりもしま

したが、家賃や引越代も、1つでも多くの作品を買うのにあてたかったんだろうな。

2人の関係もとても素敵でした。そして、こんなにも生涯をかけて好きなこと、

夢中になれることがあるってすごい。うらやましいなーと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近観た映画2つ。

2011_05090210父の誕生日、ちょうど休みだったので

両親とまほろ駅前多田便利軒』を観に

行ってきました。(父と映画に行った記憶

ってないなあ・・・初めてだったりして。)

原作は、何年か前の直木賞受賞作品です。

(すっかり内容を忘れてしまってたけど、

面白く読んだ記憶があります。父は面白くないと途中で読むのをやめたらしいが・・・)

この話に出てくる便利屋さんのある「まほろ市」は「町田市」。

町田駅の、雑多な感じとか、中途半端な感じがそのまま

私は離れてもう10年ですが両親は今も町田。映画も町田市が全面バックアップして

いて、ロケ地の8割は町田ということなので行ってみました

(町田市、このちょっと治安のよくないイメージで売ってしまって、

というかバラしてしまっていいのー?太っ腹ねえ、なんて思ったり・・・。)

映画に出てくる場所がたいてい分かり、そういう意味でも面白かった。

2011_05090236_2そして、観た映画のもう1つはソフィア・

コッポラのSOMEWHERE」。つい先日

バーニーズに割引券が置いてあって、

やってるんだ!?と知りました。

今までソフィア・コッポラの映画毎回

観てるから今回も観なくては~!と慌てて

観に行って来ました。娘の役の女の子がすごーく可愛くて釘付けでした。

何か大きな事件が起こるわけではないけれど、シンプルでサラサラっとした空気感

映画。独特の映像の感じも。

どちらの映画も、間があってゆるーい感じでリラックスして観られる映画でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のんびり休日

2010_04260007_2今日はのんびり近場で過ごしたいなー、

と思う休日。まずは冬物をクリーニング

出しに、それから「B-STYLE(ブック

オフ洋服版)」に着ない洋服を売りに

行って、あわててマックでお昼を済ませ

映画館へ。(オフィスビルの2階にあるマック

2010_04260002の「M」があまりにも大きく目の前にあった

ので撮ってみた・・・)

さびれた感じの、でもなくならないでほしい

映画館。楽しくて明るい映画が観たかった

ので「のだめカンタービレ」。

7列しかない小さな映画館の中は女性7人

とおじさま4人(なぜか男性は全員おじさまでした)、ガラガラでした。

久しぶりに映画館で映画を観たなあー。楽しかった♪

家の近くで過ごすと、移動の時間がない分のんびり過ごせてとてもよいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「パリ、恋人達の2日間」

2008_06180116恵比寿ガーデンシネマでやっている映画

パリ、恋人達の2日間」を観てきました。

NYに住むフランス人女性とアメリカ人男性の

カップル(35歳)。旅行の帰りに彼女の故郷

パリに寄るのですが、そこで過ごす2日間は

彼にとっては拷問!?カルチャーの違いや

言葉の壁、そして彼の知らない彼女の過去を知ったり・・とショッキングなことばかり。

そして二人の関係はギクシャクしてきて・・・というストーリー。

普段はアメリカの映画を観ると「アメリカっぽいなあ~」と、アメリカと日本の違いを

ひしひし感じるものですが、この映画の中では完全にアメリカ人の彼の目線で

フランスのカルチャーに一緒にショックを受けて、同情したり、笑ったり・・・。

最近外でも家でもフランスの映画を観ることが何本か続いていたのですが、

国ごとのカルチャーの違いをすごく感じます。

日本とヨーロッパって全然違うんだなあ、と。

テンポもよく、とーっても笑える映画なのですが、ラストで切なくなってボロボロ泣いて

しまった(まだ笑っている人もいたのに・・・)。この映画でこんなに泣く人って私以外

いるんだろうか・・・?とちょっと不安になってしまったけれど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「モンテーニュ通りのカフェ」

2008_05210094映画モンテーニュ通りのカフェ」を観に渋谷へ。

パリのカフェが舞台で、それを取り巻く人たちの

話です。パリには行かれないけれど、

目でパリの街並みを楽しんできました~。

映画の前にランチを・・と思い、駅前の交差点の

角につい最近オープンした「ロクシタン」の

2008_05210099カフェと悩んだのですが、せっかくパリの映画

だからと「VIRON」へ。(まこすさん、同じコース

になっちゃいました・・・)1階でパンを選び、

2階のブラッスリーでいただきました。

手前は名前は忘れましたが、

薄くてカリカリのバゲットにチキン・野菜・チーズ

2008_05210087が乗せて焼いてあります。美味しかった♪

こういうフランスのブラッスリーのチーズを焼い

た独特のくさい匂い、結構好きです。

奥は「タルト・ペイザンヌ」。くるみとリンゴの

柔らかいタルトです。ほろほろした素朴な感じ。

また今度違うのを食べつつゆっくりしたいな。

2008_05210043それから久々にBunkamuraの地下に降りて

みると「ドゥ・マゴ」のオープンテラスに色々な

種類のバラがたくさん。気持ちよさそう!

ちょうど「薔薇空間」という展覧会をやっている

ようでそれにからめてのイベントようです。

ブックショップにもバラの本やガーデニング

の本がたーくさんありました。映画を観たあとはふらふらショッピング。

渋谷の混んでないゾーンを歩けて、気候もよくて、

美味しいパンとコーヒーとに恵まれて。気持ちのいい1日でした。

でも欲張って色々やると満足度は高いけど、少し疲れて翌日の仕事にちょっぴり

差し支えるんですけどね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

気になる映画

Dscf0426先日恵比寿に行った時、ガーデンプレイス

の映画館の前を通り掛かって

今後の映画のパンフレットをいろいろと

もらってきました。

その中でちょっと気になったのが、

「パリ、恋人たちの2日間」という映画。

内容は、付き合って2年になるフランス人女性とアメリカ人男性のカップルの話。

マンネリ気味の関係をリフレッシュすべく、ベネチアにバカンスに行った二人が

帰る途中女性の故郷のパリに寄り・・・。

アメリカ人の彼を次々と襲うカルチャーショック、異国の地でストレス最高潮。

そして二人の愛の行方は・・・?という話だそう。

なんだか外国の文化のギャップに笑えそうだし、

「ユーモラス・チャーミング・ちょっぴりシニカル」というキーワードに惹かれました。

5月からロードショーということで、始まったら観に行ってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

Dscf0401久々に映画の試写会に行ってきました。

歌手のノラ・ジョーンズ初主演の

マイ・ブルーベリー・ナイツ」というラブストーリー

です。ノラ・ジョーンズって映画に出るんだ~。

旅と距離をテーマに、失恋を乗り越える女性を

描いた映画とのことで観てきました。

切ない心、を描いている映画でした。

ノラジョーンズは可愛かったし、ジュード・ロウはかっこよかったし

ブルーベリーパイも美味しそうで 素敵な部分もたくさんあったけど

ちょっと唐突な感じというか、深さが足りないというか・・・

すこーし物足りなさを感じた映画でした。(1時間半しかない映画だからかな!?)

でも試写会に当たったのは嬉しかったけど♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

やっと観た「マリー・アントワネット」

2007_03180064_1かなーり遅ればせながらですが

やっと観ました・・・「マリー・アントワネット」。

(まだやってたの?!と思われる方のが

多いと思いますが・・・)

なかなか行く時間がとれず、

もたもたしていたら近場の映画館は

どこも上映が終了。

もうレンタルかな、と思ったのですが

内容よりも、衣装など目で楽しむ映画だと

思ったのでやはりスクリーンで観よう!

と探したところ、渋谷の「GAGA」という映画館でまだやっていました。

この映画館には初めて行ったのですが

西武の裏あたりにあり、劇場は一つだけでこじんまりとしていて、

なかなか居心地のよい映画館でした。(平日の昼間というのもあるだろうけれど)

映画の感想は~内容は想像通り。でも、水色のドレスって可愛いな~とか、

面白いデザインのドレスだな~とか思いながら気楽に観られたし

今週は休みが1日だけなので、休日を実感できリフレッシュできました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧