« 新宿御苑前「ハンバーグ ウィル」 | トップページ | 宇和島で食べたもの »

宇和島「木屋旅館/KIYARYOKAN」

Kiya1Kiya2

愛媛の宇和島へ祖父母のお墓参りへ。伯父伯母・母・いとこと総勢7人で。

今回泊まったのは「木屋旅館」。子供のころ何度か泊まった老舗旅館ですが(いとこ達と旅館内でかくれんぼした記憶が一番残っています)
1995年に廃業になってしまい、4
年前に行った時は建物はそのままでこれからどうなるんだろう・・・壊されてしまったら嫌だなあ、と思っていました。

その木屋旅館が2011年に再生されてOPENしたとのことで、みんなで懐かしの木屋旅館に泊まろう!と予約。(こちらは1棟1組貸し出しでの宿泊となります。8名まで)

Kiya3Kiya4

宇和島の人たちではなくて、若いクリエイター・建築家・俳優の伊勢谷友介さんなどがプロジェクトに参加し、おしゃれな宿に変身したということで、どんな風になっているか楽しみにしていました。
目黒のホテルクラスカなども手がけたところがリノベーションしているとか。

外観はそのままですが、インテリアなどはだいぶ今風におしゃれな感じに変わっています。
政治家や文豪が泊まったお部屋。1部屋再現してあるお部屋があるのですが、敷いてあるラグが我が家と同じスウェーデンのHIMLAのものでした!家具は天童木工でした。

Kiya5Kiya6

お部屋のつくりや、階段はそのままで、親戚一同「懐かしいねー。ここは食堂だったよねえ?」なんて言いながら探検。
1棟貸切なので、騒いでも他の人の迷惑にならないところがいいところでした。(でも2,3人で泊まるとちょっとさびしいかも・・・スタッフの方も夜は帰ってしまうので。大勢で泊まるほうがお勧め)

Kiya7Kiya8

お部屋の一部がアクリル板になっていて、下の階が見えるようになっていたり、LEDの照明でライトアップできたり、なんともおしゃれに変貌していました。
地元の居酒屋の方や、お寺のお坊さんからは「東京の人はやることが違うね~」とか「ちょっと前と変わりすぎて・・・」」なんてコメントも聞きましたが。
(でも、どんな形でも取り壊されなくてよかった、と地元の人も思っているのではないでしょうか~)

Kiya10_2Kiya11

置いてあるアイテムもいちいちこだわりがありました。使い勝手よりインテリア重視、という感じ(個人的には気持ちはよく分かる)
浴衣の上に着る半纏は、京都のSOUSOUのもの。中がフリースになっていて暖かい!大好評でした。ぜひほしい。靴べらやティッシュケースにもKIYAの刻印が押されていて、売っていたら買いたいものばかりでした。
土日だけOPENのショップとカフェも併設されていて、
年配の人向けというより、若い人や外国人観光客目当てかな。

Kiya9_4Kiya12

以前の旅館とは違ってB&B形式なので、夜はおすすめしてもらった居酒屋で食べました。朝は米粉のパンとコーヒー・紅茶・ジュースを持ってきてくれます。
米粉のクロワッサンがとても美味しくていくつも食べてしまいました。近くの商店街のパン屋さんのものだそう。

(ポーランド生まれドイツ育ちの旦那さまと、日本人の奥様が接客してくれました)

翌日法事をすませてすぐに宇和島をあとにしてしまったので、ゆっくり宇和島に滞在できなかったのが残念でしたが、また次回宇和島に行ったときは久しぶりに宇和島城にものぼりたいなあー。
宇和島は特に観光名所がたくさんあるわけではないけれど、のどかでいいところ。もっと近ければいっぱい行きたい場所です。

 

|

« 新宿御苑前「ハンバーグ ウィル」 | トップページ | 宇和島で食べたもの »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

実は夫方の田舎も宇和島で、そろそろ行きたいなと思ってたのですが、こんなオシャレな旅館があるとは!
宇和島、食べ物も美味しいし、四万十川にも行けるのどかで良いところですよね。また行きたいです!

投稿: まこす | 2013年4月13日 (土) 16時01分

そうなんですかー!!宇和島よいところですよねー。
宇和島も昔よりホテルとか旅館が減ってきて泊まるところに困っていたのです…。なので木屋旅館が復活してよかったです。
泊まらなくても声をかければ中を見せてくれるそうですよ♪
(宿泊者がいなければ~)

投稿: まこすさま | 2013年4月13日 (土) 17時27分

ここ、一度は泊まってみたい宿のひとつです~。
昔の姿もご存じだなんて、比べながら楽しめるのもいいですね。
四国って、なかなか行く機会がないのですが
ゆっくりまわってみたいなぁ。
朝ごはんのパンがおいしそうで…たまりません!

投稿: akari | 2013年4月16日 (火) 10時15分

愛媛の中でも宇和島は奥の方なのでなかなか行く機会ないですよねー(>_<)
でも、おしゃれになりすぎてて、年配の伯父伯母たちはシャンプーがどれか分からなかったり
(日本語が書いてない上、アルファベットもすっごく小さいので老眼な人には厳しい(^^;)てんやわんやでした!
でも機会があったらぜひー♪四国はのんびりでよいですー。

投稿: akariさま | 2013年4月16日 (火) 15時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇和島「木屋旅館/KIYARYOKAN」:

« 新宿御苑前「ハンバーグ ウィル」 | トップページ | 宇和島で食べたもの »