« バラ用はさみ | トップページ | 骨董の蓋つきガラス »

「ルーシー・リー展」@国立新美術館

2010_05100090早くいなかくては!と思っていた「ルーシー・

リー展」。1995年に亡くなったウィーン出身

の女性の陶芸家、ルーシー・リーの回顧展

です。去年行きそびれたから今年こそ・・・。

鉢やカップ&ソーサーや花器など、素敵な

陶器・磁器がいっぱい。そして人もいっぱい!

2010_06020021_2(9割は女性でした。おばさま率高し。)

ピンクやブルー・グリーンの釉薬の色が

ほんとに素敵な色、独特です。器の薄さも

模様の線も、女性の作品だなあと思わせる

繊細さ。そして洗練されていて~。

素敵・・・、欲しい~。(無理だけど)

美術館へ行く前、六本木の裏道のビルの合間にひっそりといい雰囲気の神社

ったので(天祖神社と言うらしい)ってみたら、猫(神社の猫?)が飛び出してきて

すりすりゴロゴロ・・・。お参りしようと思っても、猫の写真を撮ろうと離れても、

走ってついてくるし、すっかり神社に長居をしてしまいました。

|

« バラ用はさみ | トップページ | 骨董の蓋つきガラス »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ルーシー・リー展」@国立新美術館:

« バラ用はさみ | トップページ | 骨董の蓋つきガラス »