« 金田中の和カフェ | トップページ | 「Le Garue M」のケーキ »

職人さんのバターケース

Dscf0307 バターケースのおさがりをいただきました。

山桜の木のものです。

くださった方も大切に使っていたもので

だいぶ木がいい色になっています。

木の肌触りもしっとりですべすべ。

バターをそのまま裸のまま入れて使うもの

なのでバターの油分でさらにいい感じになっています。

三谷龍二さんという有名な作家さんの手作りのもので、

厚い木をくり抜いて作っているのだから贅沢です。

作るのにも手間と時間がかかるだろし、人気で半年とか待つんだとか~。

使わなくなったと聞き、「ほしい!」とすかさずいただいてしまいした。

今度はバトンタッチで私が大切に使いたいと思います。

|

« 金田中の和カフェ | トップページ | 「Le Garue M」のケーキ »

生活雑貨」カテゴリの記事

コメント

木のバターケースなんて初めて見ました!
とてもいい色ですね。ぱっと見たとき陶器と
見間違えました

投稿: cosi-cosi | 2008年3月 9日 (日) 22時06分

わたしも木のバターケース使うの初めてです!
バターを裸のまま入れていいというのに驚きました〜。

投稿: cosi-cosiさま | 2008年3月 9日 (日) 22時22分

いい感じのケースですね!
バターをいれておくにはもったいないような…
冷蔵庫の中に木製のケースがあるというのも
いいもんですね。
タッパー類が多い中で…

投稿: まっつ~隊長 | 2008年3月10日 (月) 15時17分

冷蔵庫の中、バターだけ特別待遇みたいですよね!?
冷蔵庫の中に木を入れていいというのがちょっと不思議です。
伸縮とかはしないのかな、と思っちゃいます。

投稿: まっつ〜隊長さま | 2008年3月10日 (月) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 職人さんのバターケース:

« 金田中の和カフェ | トップページ | 「Le Garue M」のケーキ »