« 目黒五十番の肉まん | トップページ | フットケア用品を買いました »

北欧ファブリックのカーテン

2006_10150012カーテンを作ろうと、自由が丘のFIQ(フィーク

に行きました。ネットで生地の見本も見られるので

さんざん見たのですがやっぱり実物を見ないと思って。

実際行ってみると「これがいいかな、これにしよう!」

と思った物が全然印象が違ったり、

気にもとめなかった柄が実は素敵だったり・・・。

とてもたくさんの布地があってかなり悩んだのですが

結局スウェーデンのテキスタイルメーカー「BORAS」の物にしました。

布地の端切れも買ってみたりしましたが、やっぱりできあがってみないと

部屋に合うかわからないかも・・・ちょっと不安ですが楽しみです。

北欧のファブリックってマリメッコに代表されるように、柄や色使いが大胆で

特徴があります。以前何かで読んですごく納得したのが

「北欧の冬は厳しく日照時間が短いので家の中にいることが多い。

だから自然の柄や明るい色使いのファブリックを使って家の中の明るくして

暮らしを楽しむ」という話。それを聞いた時、なるほどなーとすごく納得しました。

(冬季うつ病というのがあるくらいですからね・・・北欧で多い病気だと聞きますし)

|

« 目黒五十番の肉まん | トップページ | フットケア用品を買いました »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

写真のテキスタイルも素敵な柄ですね♪我が家も来年引越しを控えてるので、カーテン問題は深刻です。カーテン出来上がったら、また感想を教えてください!

投稿: まこす | 2006年10月21日 (土) 08時38分

カーテン一つで印象違いますもんね!いっぱい悩みました。
できあがったらまたお知らせしますね♪

投稿: まこすさま | 2006年10月21日 (土) 13時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北欧ファブリックのカーテン:

« 目黒五十番の肉まん | トップページ | フットケア用品を買いました »